大学生になると、「就活はいつから始めればいいのかな?」という疑問を抱くはずです。 結論からいうと、大学1年や2年の段階から始めても、早すぎるということはありません。 そもそも、説明会に行ったり、履歴書を送ったり、面接対策をするといったことだけが就活ではないのです。 例えば、「どのような仕事をしたいのか?」「どんな職場で働きたいのか?」「どのような仕事が自分に合っていそうなのか?」などを少しずつ考えるのも立派な就活だと言えるでしょう。 また、興味がある職種や職場でアルバイトとして働いてみたり、サークルやボランティアなどで人脈を作るのも就活の一つです。 そうやって、本格的な就活を行う前の準備をするのは非常に大切なことなので、大学1年や2年からでも将来を見据えた行動を取ってみてはいかがでしょうか。 一般的に、本格的な就活が始まるのは、大学3年の秋くらいからだと思ってください。 この時期になると、新卒者向けの求人が増加してきて、企業で説明会などを行うケースが多くなります。